京弥生は、伝統美が消えゆく現代にあって、
美と安らぎの象徴として生き、愛される本格
的和人形として生まれました。平安朝の優美
さをたたえたその表情はいまも私達を癒して
くれるようです。おさなと同様に着替えがで
きるよう作られており、文庫の中に着替えを
収めるという雅なスタイルで発売されました。
当サイトに使用されている画像の著作権は
全て(株)オオイケが保有しています。